【ウィーン楽友協会】立ち見だけどいい場所で聴きたい!当日の流れを確認!

ウィーン観光

まずは立ち見席チケット購入!

購入方法はおもに3パターンあります。

  • 公式サイトから購入
  • チケット売り場で購入(コンサート開始の 1 時間前から)
  • 電話購入

サイト購入の場合、チケットは「現物受け取り」か「電子チケット受け取り」のどちらかを選択できます。
現物受け取りは、楽友協会のチケット売り場まで取りに行きます。

当日の流れ

ここからは、楽友協会のコンサートを立ち見で鑑賞されるかたに向けて、当日の動きをご説明します。

なるべくいい場所で立ち見したい!

というかたを主な対象として書いていきたいと思いますが、そうでないかたも、立ち見を予定されている場合はぜひ参考になさってください!

5ステップの確認!
  • Step1
    開場前、楽友協会の外で待機

    人気公演は1時間前にはすでにたくさんの人がいます

  • Step2
    開演1時間前、開場

    いい立ち見席を狙うのならば『預け荷物なし』がベスト!

  • Step3
    立ち見の列に並ぶ

    ここで何番目に並べるかが大事…!

  • Step4
    開演35分前、2階へ

    いよいよ入場です

  • Step5
    コンサート開演

    存分に楽しんでください♪

Step1 外で待機

いい席をとりたいならば、開場前に現場に着いておくことは必須です!(※開演前ではありませんよ

外にいるあいだは、きちんとした1列で並ぶことは少ないです。
そのため、お互いに来た順を確認したりして暗黙の順番をつくっていきます。

「きみはいつ来た?」「きみは何番?」と声をかけてくれる人もいますよ

とはいえ、全員と順番を共有できるわけではないので、なるべく正面扉の前で待っていたほうが良いです。
もし1番乗りだった場合は、正面扉にスカーフなどを巻きつけておくと安心です!

人気公演になると2時間前でも人がチラホラ見えます。
会場内では待機できませんのでお気をつけください。

Step2 開演1時間前、開場

コンサート開演1時間前になると、係員が正面扉をあけてくれます。
(例:19時半開演ならば18時半開錠)

正面扉をはいると、1階全体がフロントになっています。
会場は2階です。

いい立ち見席を狙うのならば『預け荷物なし』がベストですが、そんなわけにはいかない方も多いかと思います。
(コート・ダウン・大きめの荷物は必ず預けなければなりません)

荷物を預ける予定のかたは、以下ご確認ください。
預ける予定がないかたは次のステップにお進みください。

荷物を預けるひとは、入ってすぐにある荷物預け場で荷物を預けましょう。
右に「A」「B」、左に「C」「D」と書かれた、計4か所あります。

上の写真1枚目は「A」「B」、2枚目は「C」「D」を写しています

AとDはどんな観客の荷物も受け入れてくれるのですが、BとCは「座席番号を見せて」と言われ、その座席に近い預け場に行くよう指示されます。

立ち見席争奪戦に参戦したいかたにはAとDをおすすめします。

🔺あくまで個人の認識ですので、100%正しい情報とは言えません!

荷物を預けると、下写真のとおり引き換え券をわたされます。
これは荷物を引き取る際に返さなければならないので、なくさずに持っておきましょう。

Step3 立ち見の列に並ぶ

この列にいかに早く並べるかによって、勝負は決まるでしょう!

正面扉からホールに入ってすぐ、右と左に、木製の扉が見えます。(上写真2枚)


木製扉の奥には階段が見えますね。
この『階段前』が、立ち見列です!

写真からも、並んでいるかたがいるのが分かるかと思います。

写真だけだと1階の間取りがよくわからない!

というかたもいらっしゃると思うので、下に1階全体のカンタンな図を書いてみました。


正面扉から入って、どんな動線でどこに並べばよいかをご確認ください。

荷物を預けない人赤の動線荷物を預ける人青の動線(一例)ですすんでください。
「立ち見列」と書いているところに並べばOKです。

列に並ぶ際に配慮すること

写真のように、階段のところに荷物が置いてある場合、それは場所取り荷物です。
先に並んでいる人が「自分が先だよ~」ということを示すために置いているものなので、勝手にどけないようにしましょう。

楽友協会では、こういった場所取りはOKとされています。
あとから荷物の主がやってきた場合は快く列に入れてあげましょう。

Step4 開演35分前、2階へ

コンサート開演35分前になると、立ち見の人のみ、階段をあがって2階に案内されます。
(立ち見以外の観客は30分前に開場となりますので、もう少し待機です)

立ち見列のみ先に案内するのは、立ち見席の争奪戦をスムーズに行うためだと考えられます。

2階にあがるときも、もちろん列は乱してはいけません。
またこの際、係員にチケットのQRコードを見せなければ2階にあがれないので、ご用意ください。

2階にあがってすぐのところに立ち見スペースに通ずる扉があります。
このような形で入口前で待機します。↓

開演30分前になると、係員からの合図を機に入室できます!
走らず、かつスピーディによい席を取りましょう。

もし1列目がとれたら・・・

1列目を取ることができたならば、ぜひともスカーフや衣類柵にくくりつけておきましょう
「ここは自分の場所だよ」ということを示しておくためです。

写真中央の青の半袖の男性は、パーカーで横幅を数十センチぶん確保していますね。
1列目はかなりの「すし詰め」状態となり、遠慮しているとどんどん自分のスペースがなくなっていきます。
常識の範囲内で横幅を確保しておくと安心です。

🔺もので場所取りをしていたにも関わらず、他の人に横取りされてしまった場合、係員に事情を話すとよいそうです。
ものによる場所取りは楽友協会では暗黙のルールとなっておりますので、味方してくださいます。

ほかに人気の場所は?

後ろにもたれかかることができ、ゆったりとしたスペースで聴けるという点で、最後尾もはやめに埋まりがちです。

コンサート中、ずっと座っているかたもいます。(最後尾だと迷惑がかかりませんからね)
もはやコンサートを「観る」のではなく、「聴く」ことに重きを置いておられるのでしょう。

立ち見はほんとうに体力を消耗するので、共感できる・・・!

場所取りの際に気をつけること

立ち見席と観客席のあいだには、4本の太い支柱が立っています。

この支柱の真ん前に位置取ってしまうと、ステージがまったく見えないので要注意です!

「あ!一番前にあいてるところがある!ラッキー」と思って横入りすると実は支柱の前だった、なんてことになりかねないので、冷静に場所どりなさってください。

当日の流れ⑸ コンサート開演

よい場所が確保できると、写真のように素晴らしいロケーションでコンサートを鑑賞できます。
みなさんの楽友協会での体験が、どうか素敵なものになりますように。

この記事に「いいね!」と思ったかたは、よければ応援していただけると嬉しいです!

下リンク・QRコードのどちらからでも可能です。
励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします♪

ウィーン観光
スポンサーリンク

コメント