フォルクスオーパーのチケット・座席・見えかたまとめ

ウィーン観光
この記事は、こんな人におすすめ
  • フォルクスオーパーでオペラを観たい
  • ウィーンに旅行へ行きたい
  • 本場の音楽を観たい
この記事でわかること
  • フォルクスオーパーについて
  • 行き方、服装、荷物、チケット購入方法など
  • 会場内の見えかた
  • 割引について

フォルクスオーパー(Volksoper)

オーストリア ウィーンに来たならばぜひ訪れたいのがフォルクスオーパー(Volksoper Wien)
ウィーン国立歌劇場に次いでとても有名な場所です。

歴史

フォルクスオーパーは、ウィーンで2番目に大きな歌劇場として現在も有名なオペラ座です。

130年前の1898年、「カイザー ユビロウム シュタットシアター」という名前でオープンしました。
1904年にフォルクスオーパーに改名してからというもの、第二次世界大戦後には破壊されたウィーン国立歌劇場の代わりの場所となるなど、いつも市民の癒すの場として活躍しています。

ここでは、「トスカ」(1907年) 、「サロメ」(1910年)など多くの有名作品が初演されました。

場所

Währingerstrasse 78、1090 Wien
・+43 1 514 44-3670(インフォメーション)
・+43 1 513 1 513(クレジットでチケット購入)
・メール ticket@volksoper.at
・HP wiener-staatsoper.at

チケット

毎月1日から(土日祝日でない限り)翌月分のチケットが発売

アクセス
  • 地下鉄 U6「ヴァーリンガーシュトラッセ / フォルクスオーパー」
    Underground U6 – Währinger Straße / Volksoper
  • トラム 404142「ヴァーリンガーシュトラッセ / フォルクスオーパー」
    Trams 40、41、42 – Währinger Straße / Volksoper

Googleマップで調べたら時刻表や番線がでてくるので、当日はそれで移動方法を選んでくださいね♪

オペラを観に行く前に確認すること

① 避けるべき服装の確認を!
ある日の公演前のようす

正装重視のウィーン国立歌劇場(Staatsoper)とはちがい、ドレスアップをしている人からジーンズで訪れる人まで、服装はわりと多種多様です。

体感的にも国立歌劇場より敷居が低いイメージ・・・

とはいえ、普段着のような格好で訪れるひとのほうが少数で、観客の多くは正装をしています。
限度を守って現地の文化を尊重することは大切です。

できるかぎり、以下のような格好は避けましょう。

Tシャツ、半ズボン、ミニスカ、ジーンズ、スニーカー、サンダル、大きすぎる荷物 など

②【現金必須】アウター・荷物・カメラは預けます!

冬場はコートやダウンが必須ですし、旅行者の中にはリュックサックなどを持ってくる方もいるでしょう。

そのようなアウターや荷物は、現金でお金を払ってフロントに預けます。
ひとつにつき2~3€です。

ウエストポートより大きいものは入口の係員に止められるので、注意しましょう。

節約のためにアウターを腰に巻いたり、こっそり持ち込もうとすると、ホール出入り口で必ず止められますのでやめましょう!
※従わなければホールには入れません。

フルサイズカメラもフロントに預けるように指示されます。
ホール内の写真を撮るつもりで持ってこられる方はご注意ください。
カメラだからといって特別丁重に保管されるわけではないので、キャップや保護バッグもお忘れなく。

③ 会場内の見えかたの確認を!~全体編~

ホール内は意外にもこじんまりとしています。

一番後ろの席や立ち見席、2階の席でも「近いなあ」と感じられるホールです。

席は1261席、立見席72席、車いす席2席(電話相談で14席可能)、付きそい席2席です。

1階席とボックス席
右側のかなり後方から撮影
1階立ち見席、2階席、3階席
1階から撮影
④ 会場内の見えかたの確認を!~支柱で見えない編~
1階席

会場の1階席には、いくつかの支柱が立っています。
支柱付近の席は舞台の見えかたが制限されてしまいます!

↓チケット購入時に見ることができる席マップの図(以下図)をつかって、視界制限席を把握しておきましょう。
以下図は、下が舞台側、上にいくにしたがって後ろの席をあらわします。

×はNG、△はややNG

図の「×」の席満足に見られませんでした。

支柱のすぐ後ろの席(6番、11番)は特につらいです!
支柱の2列目以降も見えにくく、舞台の半分~1/3は見えないという印象でした。

「△」の席は、顔をかたむければ半分以上は舞台が見えました。

以下に実際の写真があります・・・

⑤ 会場内の見えかたの確認を!~ボックス席で見えない編~

支柱に隠れる席だけでなく、ボックス席の2列目以降も注意が必要です。
2列目以降は、1列目の人の影になる+舞台側面の席のため見えにくいです。

ただ、ボックスを知り合いで埋めるのであれば、席を交換し合ったりして楽しむことはできますね!

これはフォルクスオーパーに限らずのことで、基本的にはどこの歌劇場も「ボックスの1列目以外は見えづらい」と知っておくとよいです♪

値段

座席や公演内容によって値段はちがいます。
詳細は購入時にわかるかと思いますが、取り急ぎ相場をご確認ください!

公式サイトより

日本語でまとめますね!

グレードスペース価格
濃ピンク普通の座席185~27€
ピンク170~22€
140~20€
黄緑95~12€
55~9€
水色*21~7€
橙*10~6€
立ち見1階8~4€
立ち見ギャラリー6~3€
カーキ車いす席4~4€
黄土付きそい席4~4€
車いす席10列目170~22€
付きそい席10列目170~22€
*視界制限席(先述した支柱の席です)

チケット購入方法

購入方法は4パターンあります

現地購入

●連邦劇場のすべての前売り券売り場で購入可能です。(詳細はこちら

書面購入

●独文か英文で、公演日の3週間前までに郵送またはファクス

アドレス:Volksoper Wien, ticket sales, Goethegasse 1, 1010 Vienna
ファクス:+43/1/514 44-3669
メール:ticket@volksoper.at

電話購入

●独語または英語にて

電話:+43/1/513 1 513 (現地時間 毎日午前10:00 ~ 午後7:0

電話予約は、立ち見と車いす席は対象外です。また、クレジット決済に限ります。

公式サイト

●チケット購入ページはこちら

U30割引について

15歳から30歳の誕生日までの人の「U30割引」

フォルクスオーパーでは、若者の音楽への機会を増やすため、U30割引を設けています。

対象公演が12€で見られ、1公演につき最大4枚まで購入可能というとんでもない制度です。
購入はオンライン限定、もしくは売れ残りがある公演については公演の1時間前から窓口購入することもできます。

当日は、年齢確認できる顔つき身分証明書を持参してくださいね

他の割引

すべての割引の種類はこちら

まとめ

フォルクスオーパー(Volksoper)について、少しでも情報が手に入りましたら幸いです。
記事は公式サイトを翻訳・参照し、確実な情報の提供に努めています。
ほかの観光地の記事もどんどんあげていきますので、よかったらチェックしてください!
それでは!

この記事に「いいね!」と思ったかたは、よければ応援していただけると嬉しいです!

下リンク・QRコードのどちらからでも可能です。
励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします♪

ウィーン観光
スポンサーリンク

コメント

  1. オーストリアのワーキングホリデービザについてもしよろしければ教えて頂きたいと思い問い合わせから連絡しようとおもったのですがエラーでできませんのでコメントさせて頂きました。
    メールを頂けると嬉しいです。