ウィーン国立歌劇場(Staatsoper)のチケット・服装・見えかたまとめ

ウィーン観光
この記事は、こんな人におすすめ
  • 国立歌劇場でオペラを観たい
  • ウィーンに旅行へ行きたい
この記事でわかること
  • 国立歌劇場について
  • 行く前に気をつけること
  • 割引やツアーについて

ウィーン国立歌劇場

歴史

オーストリアに来たならばぜひ訪れたいのがウィーン国立歌劇場(Wien Staatsoper)
世界で最も重要なオペラハウスといわれています。

ここは世界最大のレパートリーを誇り、年300公演もの素晴らしいコンサートが開催されています。

こけら落としは150年前の1869年、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」でした。
のち、第二次世界大戦で被害をうけますが、1955年に再完成します。
再完成時の初演はベートーヴェンの「フィデリオ」という、なんとも豪華な歴史を持っています。

場所

Opernring 2, 1010 Wien
Tel:+43 1 514 44-2250
Mail:information@wiener-staatsoper.at
Site:wiener-staatsoper.at

アクセス
  • 地下鉄 U1、U2、U4 「カールスプラッツ」地上に出てすぐ
    Underground U1, U2, U4 – KARLSPLATZ
  • トラム 1、2、D、62、71「オペルンリング」降りてすぐ
    Trams 1, 2, D, 62, 71 – OPERNRING

Googleマップで調べたら時刻表や番線がでてきますので、そのときに都合の良いほうで移動してください♪

値段

値段は、座席や公演内容によってちがいます。
(劇の人気度や公演回数によって変わるということです)

こちらから気になる公演を見つけ、値段を確認してみてください♪

オペラを観に行く前に確認すること

避けるべき服装の確認を!

Tシャツ、スウェット、半ズボン、ミニスカ、ジーンズ、スニーカー、サンダル、キャップ、大きすぎる荷物 など

国立歌劇場では正装が求められます。(スーツ、シンプルなドレス、革靴など)

正装でないと入場できないということはありませんが、正直まわりの方の目が厳しい場所だと私は感じます。
正装が難しい場合でも無地の服襟付きの服など、最大限努力されることをおすすめします。

見にくいですが、以下写真で実際のようすをご確認ください。

私は一度スニーカーで行ったことがありますが、白い目で見てくるかたが多かったです。観光ついでだとしても、現地のマナーを尊重してパンプスに履き替えるべきでした…。

現金必須アウター・荷物・カメラは預けます

コートやダウン、大きめの荷物は現金でお金を払ってフロントに預けます。
荷物ひとつにつき2~3€です。

ウエストポートより大きいものは入口の係員に止められるので、注意しましょう。

節約のためにアウターを腰に巻いたり、こっそり持ち込もうとすると、ホール出入り口で必ず止められますのでやめましょう!
※従わなければホールには入れません。

フルサイズカメラもフロントに預けるように指示されます!(デジカメは多分いけます…)
ホール内の写真を撮るつもりで持ってこられる方はご注意ください。
カメラだからといって特別丁重に保管されるわけではないので、キャップや保護バッグもお忘れなく。

規模と座席を把握しておこう!

ホール内は、全1709席に加え立ち見席があります。
同じくウィーンにあるもう一つの歌劇場、フォルクスオーパーよりも大きいです。

以下の写真より席の様子をご確認ください。
1階席、2~4階ボックス席、5階席、最上階席、写真右下の柵のところが立ち見席です。

舞台が見えづらい席があります!

➊ ボックス席の2列目以降
❷ ステージ側面の2列目以降

席によっては舞台の見えかたが制限されるところがあります。
上記2つには要注意ですので、少しくわしく記載しますね。

➊ ボックス席の2列め以降
  • 結論、座っていたら見えない
  • 立ったら見える
❷ ステージ側面の2列め以降
  • 結論、見えないが満足度は人による
  • ポール(ひじ置き)に身をゆだねず、ふつうに座っていると2/3くらい見えない(写真あり)
  • ポール(ひじ置き)に身をゆだねれば、ちょうど半分くらい見える

チケット購入方法

購入方法は4パターンあります!

① 現地購入

チケットオフィス(Operngasse 2, 1010 Wien
月から金:8時〜18時、土日祝:9時〜12時

オペラ座アーケードの案内所(Herbert von Karajan-Platz, 1010 Wien
月から土:9時~上演開始2時間前、土:9時〜12時、日祝:休み

劇場内チケット売り場
月から土:9時~上演開始2時間前、土:9時〜12時、日祝:休み

② 書面購入電話購入

●独文か英文で、遅くとも公演日の3週間前までにアドレスへ郵送またはファクス送付

宛先:Vienna State Opera Ticket Offices
住所:Hanuschgasse 3, 1010 Wien
FAX: +43-1- 51 444-2969

書面での予約は何か月前からでも可能ですが、先方からの返事には約1か月かかるとのことです

③ 電話購入

●独語または英語にて2か月前から可能

Tel.+43-1-513 1513
月曜~日曜 10~21時(現地時間)

クレジット決済に限ります。

④ 公式サイト
  • Step1

    「SEASON & TICKETS」をタップ

  • Step2
    チケットを検索

    ◎購入可能「BUY TICKETS」
    × 売り切れ「SOLD OUT」

  • Step3
    座席を決める

    色つきの席が購入可能です

  • Step4
    配送方法を決定

    Eチケット・配送どちらも0€ですが、配送の場合は公演の前日までにチケット売り場で受け取る必要があります(画像はEチケットを選んでいます)

  • Step5
    アカウント作成 / ログイン

    作成は初回購入時に限ります

  • Step6
    購入確認

    クレジットカードまで登録し終え、決済すると、アカウント作成時に使ったメールアドレスへ購入確認メールが届きます。当日は、そこにあるQRコードを係員に提示します。

U27割引について

27歳以下の人のための割引カード

国立歌劇場では若者が気軽に音楽に触れられるよう、このような取り組みをしています。
対象公演がなんと以下のような格安料金で観られる、とっておきのカードです!

●通常作品は20€
●子ども向け作品(オペラチック)は12€

当日は年齢確認をされますので、顔つき身分証明書を持参してくださいね!

ガイドツアー

●世界最大のレパートリーオペラの舞台裏を見学できる
●オペラハウスの歴史・建築・オペラビジネスについて学べる

大人料金でも破格の13€で素晴らしい体験をすることができます。
ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語に対応した音声ガイドがあります。

当日は、ツアー開始時間の15分前にガイドツアー入口(Operngasse)へ集合します!

購入したチケットの払い戻し、交換ツアー開始後の入場はできません

以上、ウィーン国立歌劇場(Staatsoper)について、必要な情報が手に入りましたら幸いです。
記事は公式サイトを翻訳・参照し、確実な情報の提供に努めています。
みなさまの素敵なウィーン旅が充実したものとなりますように…♪それでは!

この記事に「いいね!」と思ったかたは、よければ応援していただけると嬉しいです!

下リンク・QRコードのどちらからでも可能です。
励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします♪

ウィーン観光
スポンサーリンク

コメント